スキップしてメイン コンテンツに移動

12月のお仕事


12月16日発売
もっと!vol.5(秋田書店)/ 『ゼロ式』4話 32P
なんだかやっと当初描きたいと思っていたシーンまでたどり着きました。事業所のメンツも揃って、さて仕事するかというあたりです。
ひふみ(主人公)はすぐ自信や立ち位置や目的を見失ってヘナヘナするのですが、自分が無理せず描ける主人公にしようとした結果こうなってるので、つまり私もよくやる…
取材目的と称してオカメインコをもふりに神戸花鳥園へ行きたい。


12月20日発売
小説ディアプラス・フユ号(新書館)
『いとを繋いだその先に』粟城偲先生 / トビラ・口絵・カット

巻頭の見開きカラーと、口絵、本文カット4点担当させていただきました。騙されても人を信じてしまうお人好しの元ホスト君と、それが原因で追われ居場所を失った彼の、最後の頼れる場所に住んでた謎の男のお話です。
謎の彼が最初に出てくるシーンが口絵なんですけど、そこが個人的にとてもツボな格好をしているので楽しく描きました。



あと、こちらは仕事ではないのですが、めんさん主催のショタアンソロジーに参加させていただきました。

冬コミ(12月30日)西2 む-29a 「少年計画」
名前が肉太郎名義です。カラーイラスト1点描かせていただきました。なにしろ執筆陣が素晴らしいので、わたしも読者として楽しみです。
※ こちらはR-18指定のため18歳以下の方は購入できません


ともかく今年中の締切はこれで終了ということで、無事仕事収めです!
なんだか体力的に妙にしんどい一年で、多方面にご迷惑をおかけし反省しました。うまいことスケジュール管理しながら、インプットとアウトプットをスムーズにできるようになりたい。
来年はウキウキ午年!札幌競馬場も新しくなるし、半年先の夏の予定を妄想しながら風引かないように年末年始を過ごしたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

このブログの人気の投稿

『少年陰陽師』シリーズ装画担当にあたって

★「少年陰陽師」シリーズ、新イラストレーター決定のお知らせ この度、結城光流先生の『少年陰陽師』シリーズの装画を、バトンタッチで担当させていただくことになりました。 6月末発売の新刊「そこに、あどなき祈りを」の告知に合わせ、ご挨拶を上記サイトにてさせていただいております。 大変責任を感じる仕事ではありますが、是非にと言って下さった結城先生と、担当の方に感謝いたします。 ともかく自分にできることを頑張るのみです。 どうぞよろしくお願いいたします。 もうひとつ別件でシリーズものの装画のお仕事があるのですが(念のため結城先生のお仕事ではないです)、こちらも詳細でましたらお知らせしますね。

最近のお仕事

結構ここの更新をさぼってましたが、今月は色々お知らせがあるので久し振りに。 【10月15日発売】 ComicIt vol.17 /KADOKAWA 『新上海エピキュリアン』の新連載が始まります。 詳細記事: http://comic-it.jp/4635/ 原作付きなので、原作者さんと私の個性の混ざった面白い感じになっていると思います。 架空の都市新上海を舞台にしたピカレスクロマンと主人公の自立譚です。 第一回は1話32P・2話17Pの掲載です。 が、この2話ですが本来は24pありまして、今回個人的な事情により(twitterではぶつぶついってましたが、上階の騒音で家に住むどころじゃなくなってしまって、急遽引越しすることになりました)途中きりのいいとこまでの掲載になっています。 紙面では17Pまでですが、後日仕上がり次第WEBの方で完全版を掲載して頂く予定です。 そして今回は表紙も描かせていただきました。 ご感想なども紙面・WEBどちらからでもお送りいただけたらなにかとありがたいです。 お見かけの際はどうぞ宜しくお願いします! ----------------------------------------------------------------- 10月5日発売 『セレクション・Ⅰ 片恋協奏曲』 /ポプラ社文庫/キーラ・キャス 著 服部理佳 訳 厳格な身分制が支配する近未来の王国を舞台に、全国から集められた少女たちが王子の心とプリンセスの座を巡って熾烈なバトルを繰り広げるイベント、「セレクション」。 およそ20年ぶりに開催されることが決まり、ひょんなことから超庶民・アメリカが候補者に選ばれてしまう。失恋したばかりの彼女は半ばヤケクソで王宮に向かうが、そこで待っていたのは、変わり者の王子と――超個性的なライバルたち!  厄介な元カレが現れるわ、王国の黒い陰謀に巻き込まれるわで、こんなの、全然「プリンセス」じゃない! 乙女の闘いを勝ち残り、プリンセスになるのは誰だ――? そして、厄介な三角関係の結末は――?  (紹介文より) 一見宮廷三角関係ロマンスものかと思わせる第1巻なんですが、2巻以降俄然この世界の秘密に迫るサスペンス要素と、シリアス要素が強まってくる面白い展開です。 ヒロイン・アメリカちゃんがな

ゼロ式プレゼント企画 アンケート結果

『ゼロ式』発売を記念して、蔵書票のプレゼント企画を行ったのですが、ご応募頂く際「印象に残ったコマ」をアンケートさせていただきました。 大変お待たせいたしましたが、集計結果の発表です! 割と細かくシーンがばらけまして、上位13位までのものを画像付きで発表させて頂きます。 また、コマ指定ではなく、ページ全体や流れを指したご回答もありましたので、そちらは私の感覚でこのへんかな?とまとめたりしています。 ※この記事を読まれる方は大体すでに既読と思いますが、念のためラストの方まで画像がありますのでネタバレご注意下さい!  それでは「続きを読む」からどうぞ。